Show MenuHide Menu

人生の目的

2014年7月2日

「私が大学受験のころは、本当にモラトリアムだったな。時期的にいうと、ちょうど学生運動が終わって、シラケ世代の後半くらいかな。大学に入って何を勉強したいとか、
将来どうしたいなんて何も考えてなくて、高校を卒業してすぐ社会に出るなんて考えられなかったから、社会に出る前の猶予期間として大学に入っただけ。そのころは人生の目的なんて何もなかった」

島本恵子さんは三十八歳の東京生まれ。私と同じ年だから、学生運動には遅すぎたし、原宿の歩行者天国で踊るのには早すぎた世代だ。
国立の共通一次試験が始まる前の、ギリギリ大学受験の圧迫から逃れた世代でもある。

これまた東京生まれの人によくある話で、大学を選ぶときも、何を勉強しようかという具体的な目標などさらさらなく、学校のカリキュラムも読まず、ただ高校の延長のように考える。
島本さんも、まずは偏差値の合うところで、授業料が安くて、家から通えて、雰囲気がよくて、渋谷や新宿に近くて……といった、まるで不動産屋でマンションでも選ぶような感覚で大学に入ったという。
素敵な結婚相手を見つけても結婚後に問題は発生した場合、ここに書いてあるように意外と改善に手間がかかります。気を付けましょう。

「就職にしても、とりあえずまともに会社に入って事務をするなんてことが考えられなかった。何をやっても食べてはいける時代だったし、実家で家賃がいらなかったしね。
大学時代に遊びでモデルのバイトとかしてて、そこで知り合ったスタイリストの人のアシスタントのバイトをしてたのね。だから、とりあえず、そのまま続けてもいいかなって感じだったんだ」

出典:
FF119_L

自分の可能性を求めて

2014年7月2日

特に女子は、男子と違い、食べていけさえすればフラフラしていることにそんなに後ろめたさはなかった。
その仕事で一生身を立てられるかというよりは、その仕事に就くことで自分が何を見つけられるかといった感覚で仕事を選べたのだ。
「しばらくスタイリストのアシスタントを続けたんだけど、たとえばタレントさんだったりすると、自分のセンスってよりもそのタレントさんのイメージのほうが大切だったりして、
何か自分がその仕事に見出そうとしてる楽しみと現実はずれてるなって感じがしだして、人の紹介で制作プロダクションに転職したの。そこはすごく楽しかったんだけど、半年で潰れちゃって……」

それから島本さんの転職人生が始まる。ときはちょうどバブルに向かっていたので、仕事もあったし、『とらぱ-ゆ』などの女性向け就職情報誌が次々創刊され、
自分の可能性を求めて転職しようという時代の雰囲気もあったのだ。
コミュニケーションは大切です。出会った結婚相手であってもコミュニケーションが出来ていないと幸せな時間は長くは続きません。

「その次は広告代理店で三年くらいイベントの製作物を作ったり、大学生向けのフリーペーパーを作ったりっていうような制作の部門に携わってたのね。
小さな会社だったから好きなことできるし、刺激があっておもしろいんだけど、毎日終電で帰って、翌朝は十時半には会社に行くような生活してたから、体が続かなくなっちゃったんだ。
で、次に求人雑誌で見つけた堅い会社に入ったの。でも、今度は社長が几帳面で、節約、節約の会社だったから、前のアバウトだった会社とのギャップがすごくて、また一年半くらいでやめちゃって……」
今度は友人の会社で電話の受付を頼まれ、三年間くらいはのんびりとした留守番生活をしていたが、そこも潰れてしまって退職。

参考:結婚相談所 選び方
FF113_L

不安を理由に結婚

2014年7月2日

やっと今の広告プロダクションにたどりつき、もう五年目になる。「将来のことを考えると、悩める時期ではあるんだよね。今って専門性のある人が強いじゃない。
山一証券の例をみたって再就職は専門職ほど強いわけでしよ。私が育ってきたフィールドでは何でも浅く広くできる人材を求められてきたのね。
どんな仕事っていっても一言で言えないような、こっちのアシストもするし、こっちではこういう準備もしとくしって感じの仕事だったから、〃これだけは負けません〃ってものがないって気がする。
今はこの会社で続けていこうって思うけど、今の会社がなくなったりしたら、どうするのかなって……。

三十代前半までなら、どこの会社に入り込んでも七変化できたかもしれないけど、年齢が上がると、それだけで周りが意識するでしよ。こっちはそうじゃないと思っても、
四十代だと使いづらいって思われたり、仕事を覚えてくれないんじゃないかとか、自分のやり方に凝り固まってしまってるんじゃないかとか……」

派遣社員でも、三十五歳を過ぎると新規の登録は難しいという。すでに登録してキャリアを積んでいても、特別な能力が必要ない限り、二十代の人がいいといった注文を出してくる企業も多いのだそうだ。
登録はしていても、仕事は減っていくのが実情だという。まあ、これは、いまや女性に限った話ではないのだろうが……。
これを読んでいれば、出会った人はあなたから離れられないかも。

けれども、島本さんは、そういう不安を理由に結婚しようとは、いっさい考えないという。

参考:
FF116_L

二十代で結婚

2014年7月2日

「二十代のころは彼がいても、それと結婚は結びつかなかった。相手にそこまで好きだって言ってもらいたいような気持ちはあったけど、実際そう言われたらどうしてたかわからないし……。
自分がモラトリアムだったことも影響してると思うんだけど、二十代で結婚するってことは、早い時期に人生のパートナーを決めてしまうってことじゃない。
でも、もしかして一’二年後に、あ-失敗したって思うような人が現れるとも限らないでしよ。そう思ったら勢いだけじゃできないなと思った。
でも、こういうふうに考える人って一生そうやって一人なのかもしれないけどね(笑)」

三十歳
経済的な問題も心の重荷になること
があります。出産に必要な費用や、家
事のヘルパーへの支払い、予期せぬ出を前にして、漠然と「そろそろかな」と思ったこともある。周りからも、やいのやいのとせつつかれもした。
が、具体的に考えると、決して「結婚したい」と思う人もいなかった。三十五歳くらいまでには子供を産めればいいやとぼんやり考える程度だったという。

「三十代前半までは、絶対に子供が一人は欲しいと思ってた。でも、そんなこと言ってるうちにもう三十八歳でしよ。
今相手が決まってるわけじゃないから、いきなり電撃結婚したとしたって、子供が産まれるのは四十歳過ぎちゃうじやない。
絵空事の話じゃなくて、子供って日々戦争で体力も使うから、そうなると何年かは自分が犠牲にならなくちゃいけない。

出典元:
FF121_L

電撃結婚

2014年7月2日

子供産んだ仲の良い友人たちは、それに代わる楽しみはあるっていうけど、一人暮らしにも慣れて、自由で気ままで楽を知っちゃったからね。
このままもいいかなって、境目だな・・・。具体的にそういう相手がいたら、いくつまでに子供を産まなきやって切実に考えるとは思うけど」

今はとりあえず、結婚も出産もまったく予定がないという。「別に私は独身主義じゃないし、してもいいし、しなくてもいいってよりは、結婚したほうがいいのかなとは思うよ。
人間として一人のパートナーと暮らしてみてもいいのかなって・・・。
でも、恋愛はだれとでもできるけど、実際にその人と結婚するって想像すると、なんか範囲が急に柵まってしまう気がするのね。やっぱり、注文が厳しくなっちゃうのかな。
でも、逆にそういう狭まりの中で、これだって人に出会えれば、電撃結婚しちゃうかもしれない。最近、なんとなく、愛を育てていくっていうのを覚えたような気がする。
ケンヵしたりしてグチャグチャになりながら、相手に対する包容力が出てきたりするんだなって。
そういう中で、この人と暮らしてもいいかなって思いが、ホァンと湧いてくることもあるのかもしれないね。ガクーンって恋に落ちるんじゃなくて、つき合いながら芽生えていくみたいな・・・。
人とのコミュニケーション能力は非常に重要ですので、出会う結婚相手とは少しずつでもコミュニケーションを増やし、途切れないよう気を付けましょう。
かといって多すぎると嫌われてしまうので様子を見ながら調整しましょう。

出典:安心出来る 出会系
FF122_L